サステナジーが目指すもの


サステイナブルな新しい社会創り

サステナジーのコンセプトは、新しい循環持続型社会を皆で創っていく仕組みを、エネルギーの領域から提供することです。
その仕組みの提供には、多くのプロフェッショナルの人々、組織の力が欠かせません。そして、もちろん、このサービスを利用して、新しい社会を創りあげていく市民・家族・人々の力があってこそ、社会として成立します。
いままでバラバラに存在していた「新しい循環持続型社会の種」を拾い集め、それぞれが新しい社会の中で成立するように配置・調整し、一つのパッケージとして社会に提供していくこと。さらに「新しい循環持続型社会の木」を育てていくこと。私たちは日本各地でのエネルギー事業の実施を通じて、社会の変革に取り組みます。

実現可能なサービス提供


どんなに崇高な理想があったとしても、それが実現できなければ社会に変革を起こすことはできません。
あるべき姿が、限られた一部の人々にとってしか実行可能でないものだったとしたら、世の中はますます歪んだ不均衡な状態で進んでしまうでしょう。

サステナジーは、循環持続型社会の構築に向けて、必要なエネルギーサービスを皆様の手の届く形にしてご提供することを目指しています。

これまでは、損をするけど、環境に良いからやるという一部の方々のボランティア的な取り組みだった環境配慮型生活を、これからは損をしなければ環境にいいことを行いたいという方々にも取り組めるような痛みのないサービスとすることで、広く世の中に環境配慮型生活が普及すると考えております。

そのためには補助金などの社会的制度からサービスを構成する要素技術まで、ユーザー目線で市場を徹底的に調査し尽くし、既存の問題点を改善することで、ご提供するサービスを最もユーザーの皆様に受け入れられやすい形にしていきます。
特に今まで無駄に労力やお金を使ってきたものは徹底排除し、逆に捨てられていたものをなるべく活用することで、真の循環持続型社会に近づいて参りたいと考えます。