プロジェクト紹介

平成23年度 自然エネルギー自給型コミュニティモデル構築事業 委託業務紹介

2018.07.20

1.概要

長野県の公募事業によるコンサルティング事業
長野県では平成23年度に、原子力や化石燃料等に依存した中央集権的なエネルギー供給体制から、 小規模分散型、地域分権型のエネルギー供給体制へのシフトを推進するため「自然エネルギー自給型コミュニティモデル構築事業」を公募、サステナジーではこれに応募し、業務委託を受けた。

具体的には、飯田市および木島平村をモデル地区として小水力発電の導入に向けた検討行った。委託事業前までの調査事業等での検討結果を踏まえ、県、自然エネルギー事業の専門家、事業実施にあたっての関係者らと、実現可能な採算性のとれるビジネスモデルや資金調達手法等の検討を行うことにより、具体的な自然エネルギー自給型コミュニティの構想を創るとともに、事業化に向けた検討を行った。


委託事業の成果物は長野県環境部環境エネルギー課のホームページに
「地域密着型小水力発電事業の進め方」として掲載されている。
https://www.pref.nagano.lg.jp/ontai/kurashi/ondanka/shizen/susumekata.html