Member's voice

【Members Voice】菊池 美南

2017.02.20

菊池 美南



岩手県盛岡市出身。東北大学工学部卒、同工学研究科修士課程修了。歴史も好きですが、どちらかいうとリケジョ。小さい頃から周りに男の子が多く、たくましく生きてきました。真面目だねぇとかよく言われますが、自分ではけっこう適当に生きているつもり。
休みの日は基本的にフロアボールをしています。フロアボールとは、いわば室内ホッケーのようなスポーツで大学から続けています。週末は車で約1時間かけて練習に行っています。



小さなベンチャーに新卒で入ることに不安もありました

――現在の主な業務ご担当
宮城県の古川事務所で、主に宮城県内2か所のソーラーシェアリング事業の立ち上げを担当しています。

具体的には、事業計画の作成、金融機関との交渉、各種申請業務など…。太陽光パネルの下で農業をしながら発電事業を行うソーラーシェアリングは、サステナジーとしては初めての取組みで大きな事業でもあるにも関わらず、1年目ながら担当させてもらっています。

他にも大学での説明会など採用活動も行ったりしています。

――サステナジー入社の経緯
大学時代はエネルギーシステムの研究室に所属、地域の特色をいかしたエネルギーシステムを普及させる仕事をしたいと思っていました。サステナジーの存在を知った時、これは私が思い描いていたことを体現している会社だ!と感激しました。

しかし、小さなベンチャーに新卒で入ることに不安もありました。当初は、福利厚生もしっかりしている大手のプラントエンジニアリング会社に興味があり、相当悩んだ時期もありました。

しかし、サステナジーの社員は非常に親しみやすく、その地域に住んで地域の人たちとエネルギーを通じてまちを活気づけていくという取組みに大変共感し、入社を決めました。今でも全く後悔はないですし、とても楽しく仕事をしています。



人数の少ない会社なので、一人の責任範囲も大きい

――入社前と入社後で感じている違い
入社前にも研修制度はないというのは聞いていましたが、本当にありません(笑)。

少なくとも半年くらいは先輩の下についてやっていくのかと思っていましたが、私の場合は夏頃にはほぼ完全に案件を引き渡され、右も左もわからないままその都度調べたり勉強して何とかやっていくというような感じでした。

もちろん先輩に聞けば教えてくれますし、相談もたくさんしています。

これは、入社当初のイメージを上回るという意味ではギャップと言えるかもしれませんが、想像以上のスピードで仕事の経験を積めることには非常に満足しています。

――入社して1年、自身が成長できたと感じている部分
ソーラーシェアリングは、行政の審査が非常に厳しくなかなか簡単に許可してもらえませんでした。

社内でも経験がなく、農業法人も始めて栽培する作物で、行政側も初めての申請だったため、とにかく一つずつ問題をクリアしていきました。

分からないことはその都度調べ、専門家に連絡を取り、一緒に考えてもらう、ということを何度も行いました。そうやって少しずつ事業計画を形にしていき、数か月かけて行政の許可を得ることができました。

社内でも初めての取組みなので、先輩に聞いてもわからないことが多く、体当たり的に聞いてみるということをしてきました。サステナジーは常に新しいことに取り組んでいるので、今までの事業もそうやって実現してきています。このことを身をもって早い段階で経験できたことは非常に大きかったと思います。

――今後のキャリアプラン
正直、入社してようやく1年ですし、今後会社がどう成長していくかわからないので、今後のキャリアプランはと聞かれてなかなか想像できませんが、まずは本当の意味で一人立ちをしたいと思っています。

人数の少ない会社なので、一人の責任範囲も大きいですし、一人でいろんなことをできれば会社全体の仕事の効率もよくなると思うので、たくさんの知識と考える力をつけていきたいと思います。